スイッチ断ボール

通電火災を防ぐには

阪神淡路大震災で起きた火災の内の6割にも上る通電火災。
通電火災とは地震の2次、3次災害として起こるものです。

地震が起きてから非難して、帰ってきたら家が火事ということが、通電火災では起こりうるのです。
どういった原理で発生するかというと、通常地震が発生すると電気会社からから電気が遮断されます。
ただ、揺れが収まり一体落ち着くと、電気が復旧します。
揺れによって、電源コードが断線したりするところで、電気が復旧されるのです。
そこで、火災が発生するのです。
せっかく、震災で倒れなかった家も火災が起きてしまえば家には住めなくなってしまいます。
揺れへの対策をしていても、火災への対策も忘れないようにしないとせっかく立てた家族団欒の家が・・・ということになりかねません。

そこでスイッチ断ボールの出番です。
スイッチ断ボールは地震の揺れを検知し、自動的に家庭のブレーカーを落としてくれるのです。
今度手動で上げる時まで、家には電気が供給されません。

なので家の中をチェックしてからブレーカーを上げれば、火災が発生することはありません。
地震が多い今こそ、一度見直し見てください。





 

サイトマップ

IP分散